So-net無料ブログ作成
検索選択

死を望んで何が悪い? [病気のこと]




探したサイトにあったある一文。



『でも、死んだら何も出来ません。本当に何も出来なくなってしまいます。
何も出来なくなっていいと投げやりになる事もあります。




それの何が悪いっていうの?

死にたいんだから死んでいいじゃない。

何も出来なくていいんだからそれでいいじゃない。

何もしたくないから死ぬんだからそれでいいじゃない。

何か間違ってる?

たっぷりある時間が嫌だから自分で打ち切りたいの。

嫌いなものを消し去りたいの。

でもまた嫌いなものができるから、それなら自分が消えた方がもう嫌いなものにも合わなくてすむ。
苦しい事にもあわなくてすむ。

幸せになれる可能性があるだなんて、不確定な未来なんていらない。

自分で切り開くものだというならば、切り開かず自分を切ったっていいじゃない。

だって「嫌いなもの」だもの。

「いらないもの」だもの。

周りに迷惑をかける?

じゃあどうしてそれまで私の気持ちを分かってくれなかったの?

分かってくれてたらそうならずにすんだんだよ?

迷惑で色々後始末が大変だったなら、それだけ私が苦しんだんだってことだよ。

そうでもしないと、理解しないんでしょ?

そうやって泣きじゃくる私の姿なんて考えた事もないんでしょ?

押し付けてるって?

それが嫌なら私を消して。

私は理解が納得の行くレベルまで得られない限りおしつける。

先を見ようとしてないのなら、一度死に掛けてみたらいいかもね。

そしたら何か分かるかな?


ねえ、わたしはなんで、生きてるの?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。