So-net無料ブログ作成

規制すべきものは他にもある。 [某SNS]

コンプリートガチャの中止は、お上から言われる前に先に各SNSサイトがまるで逃げるかのように中止宣言。

でも普通にガチャはでる。

これで問題は解決!



なんて思ったら大間違いだ。

次なる問題は、「確率」の問題だ。すでにグリーでは、いくつかのアプリで先に注意喚起がされている。

トレハンでは更に細かく書かれているが、何がどれだけ入っているかがユーザーにとって重要ではない。

それがどれだけ回せばでるのかが重要なのである。

独自に調べたある一説では、
「1%の確率でレアが出る」という仮定の下、数学的に計算した結果、
「100回回してでない確率は約36%」という結果に。

ちなみに、この数式だと、回せば回すほど出づらくなるという結果にもなっている。


これでは結局貴重なものは相変わらず入手困難である。

私はこれを見て、

確率をあげるよりダブり制限を設けた方がより平等に近くなる。

と考えました。


最も、その場合仮にダブり制限がついて、三回までとなった場合、欲しいものが最後になる場合、その種類×3+合計数となる。

実直にいえば、全部で10種類のガチャで全て手に入れる為に最もお金がかかる方程式は

9×3=27+300=8100

と、いう事になると思われる。

もちろんスムーズに出たらそれはれそで安く済むのは言うまでもない。

ちなみにガチャ一回の単価によって、数字も変動する。
それでも数万かかる場合が出るのだから結局会社にとっては大きな利益となる。

確率を上げてダブり続けるのがいいか、
確率は変わらずでダブり制限をかける方がいいのか。

私なら後者を選ぶが、一番の理想は

確率を上げ、かつダブり制限を設ける事。

これにつきる。

最も、企業としては、そんな損なやり方はしたくないかもしれませんけどね。


しかしはっきりいって、収益の割に開催されるイベントは大して魅力的ではないんですが。
ループを繰り返し続けたら、みんな自然とやめていくでしょうね。

私は、どうするかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。